発音

数か月の独学で一生ネイティブ発音になるためのパーフェクトガイド後編

更新日:

反復練習を経ていよいよ実際の会話に触れる

「英語をネイティブのような発音で話すことにはあこがれるけれども、発音って子供のころの環境で決まるでしょ?」

とか

「リスニングが伸びない・・聴き取れないから分からない、分からないからつまらない、つまらないから、勉強をやめてしまう」

とか思ってませんか?

私の経験から以下の二つについては断言できます。

  • 発音は独学で数カ月程度でネイティブ並みになれる
  • 自分の発音が良くなれば英語をリスニングする力も大幅に上がる


発音練習にはお決まりのやり方があります。

今回の記事は誰でも独学でネイティブの発音とリスニング力を手に入れられるパーフェクトガイドを紹介する記事の後半です。
前半はこちらからどうぞ。

前半で紹介した練習方法も実際にやられることをオススメしますが、時間のない方は後半から始めてもかなりの効果が期待できると思います。

前半ではネイティブ発音の効用についてまとめた後、単音と音の変化のルールを反復練習して口の筋肉を鍛えネイティブ発音ができるようになる、ということを書きました。

後半はそこから実際にネイティブがしゃべっているものを見てそのリズム・アクセント・抑揚(プロソディと呼ばれる)に慣れる練習をするという話です。

この記事を書いている僕は、15年前に新卒で働き始めてから都内の外資系コンサルを経て、現在ニューヨークで日本人ゼロのなか英語のみの環境で勤務しています(アメリカの永住権持ち)。
そんな私でも働き始めたころは英語発音やリスニング力は一般日本人と大差ないレベル。
同僚との会話はぎこちなく、英語会議ではほとんどわからずボーとする日々。。
でもこの記事に書いたようなやり方で発音を鍛え、アメリカにわたることに成功し、今では毎日ネイティブスタッフにバシバシ指示を出すシニアメンバーとして働けています!

ネイティブ特有のリズム・アクセント・抑揚(プロソディ)に慣れる

さてここまでで単音の完璧な発音とネイティブスピードで起こる音の変化をマスターしました。

次は実際にネイティブがしゃべっているものを見てそのリズム・アクセント・抑揚(プロソディと呼ばれる)になれる段階です。

英語は単に単音の並んだもの単音が変化したものを淡々と話すものではありません。

  • 同じ文の中で早く話すところゆっくり話すところがある
  • 同じ文の中で強く話す単語と弱く話す単語がある
  • 同じ文の中でイントネーションの高いところ低いところがある

ネイティブはこれらを使い分け、本当に自分言いたいことを情緒豊かに効果的に伝えています。

このステップではちょうど基礎練が終わったら試合形式の練習に入るように、これまでマスターした一つ一つの技術が実際の会話の流れの中でどのように使われるのかを習います。

教材としてはリスニング教材より、映像が付いた日常ドラマがおすすめですが注意してほしいのは、

  • 同じシーンを何度も繰り返し見るので、すぐに見たいところから再生できること
  • 字幕の切り替えができる(英語・日本語・字幕なしを選べる)こと

が必要なので、テレビの視聴ではなくストリーミングサービスなりDVDなりで見れる環境を用意してください。

また、日常ドラマを使う理由としては、

  • まず第一に面白いので飽きない(リスニング教材はすぐ飽きて一番大事な継続ができない)
  • 日常ドラマは会話ベースなので教材として使える会話文が多い(アクション系は会話が少なく、刑事ドラマは非日常のシーンが多いのでお勧めできません)

例えば「フレンズ」は私が実際に使ったもので抜群におすすめです。

フレンズ I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

また、フルハウス」も人気があるようです。

フルハウス 1st シーズン 全話セット(全22話収録) [DVD]

やり方は次の流れがよいでしょう。

  1. 1つのエピソードを字幕なしで通しで見る。
  2. 最初はエピソードの大まかな流れをつかむためなので次に出てくる「シャドーイング」は不要です。

  3. 次に最初のワンシーン(5分程度)だけを字幕なしで見ながら、シャドーイング。(1~5回)
  4. シャドーイングとは英語を聞きながら聞こえた音を即座にオウム返しする練習方法で、もともとは同時通訳者のための訓練方法として知られている方法です。


    一回で十分聞き取れる上級者以外は同じシーンを繰り返しみてください。
    聞き取れる量がこれ以上増えそうにないと思う程度の回数まで見るのがポイントです。

  5. 次に初めて英語字幕をつけて字幕を見ながら同じくシャドーイングしてください。(適宜2~3回)
  6. 英語の表現でわからない点があれば日本語字幕に切り替えてニュアンスを確認する。(1回)
  7. 最後に改めて字幕なしにしてシャドーイング。(1回)

これで1日分です。

翌日は次のシーンを同じセット(最初の全体通しは任意)で練習してください。このとき必ず
前々日練習した前々シーンと前日練習した前シーン
を復習のため一回シャドーイングしてみてください。
ここで聞き取りができていれば大成功です!

おおよそ一周して1日1時間〜1時間半でしょうか?
長いと思うかもしれませんが、コメディドラマのように面白いと思えるものを選んだのはここで、飽きてしまわないようにするためでした。

ただいくら面白くても次のエピソードまで慌ててしてしまうことはお勧めしません。
ここでは1つのエビソードを補助なしに完全に復唱でき聞き取れるようになるまで繰り返すことが目標です。

私の場合は1週間に1エピソードを仕上げるくらいのゆっくりしたペースでした。
フレンズは30分ドラマなので、もし長めの1時間ドラマを使われる場合は二週間で1エピソードを仕上げるくらいで大丈夫です。

エピソード全体の会話は完全に覚え、意味も完全に理解でき、復唱もできる状態でようやく次に行くというのが目安です。

ゆっくりでもどかしく感じるかもしれませんが、次々に会話が聞き取れ、また自分がシャドーイングする英語が見事な発音であることで、ここにきてこれまでの基礎練大きく実を結ぶ感覚が出てくるので一番楽しい時期でもあります。

いろんなマテリアルの多聴でさまざまな英語のバリエーションに慣れる

さて、上で挙げた「フレンズ」は大人のアメリカ人が主に屋内で繰り広げる話を対象にしたコメディドラマにしたものなので、

  • アメリカ英語のみである
  • 主に屋内のシーンであり屋外で使うような表現はあまり出てこない
  • コメディ優先のため仕事で使うような固い表現はあまり出てこない

などの制約があります。

そこで次は同じものを何度も聞くことを卒業し、実際の世の中の英語のバリエーションにも慣れるために多聴に移ります。

ニュースサイトやポッドキャストをスキマ時間に聞いて発音や表現を真似してみるのはいかがでしょうか?

発音採点をしてくれるアプリで最終調整をするのもよいと思います。

個人的に好きなのは、映画のオマケで付いてくるスタッフやキャストのインタビュー映像です。
好きな作品であったりすれば飽きずに最後まで見ることができます。
継続するためのポイントをまとめた別記事も参考ください。

このステップで具体的におすすめするものについては別記事としてレビュー記事を書いてみたいと思っています。

・・・・・
以上がパーフェクトガイドでした。

いずれも継続させることが最も大事なので無理のない範囲で楽しく鍛えていけば、驚くほど楽しくネイティブの発音を手に入れられると思います。

-発音
-, , , , , , ,

Copyright© NYCラングサロン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.